コロナ対策!カウチサーフィンのホストとゲスト安全に過ごせるために

カウチサーフィン

全国各地でコロナが蔓延・・・

カウチサーフィンのホストはみんな受け入れてくれない・・・

 

GOTOトラベルもいいですが、

カウチサーフィンが中毒の方からすれば

 

 

コロナだろうがなんだろうが、

タダで人の家に泊まれることほど素敵なことはない!

 

そう思っていませんか?

 

ロックダウンや入国規制などで自国になかなか帰れない、仕事もなくなってしまった海外の方からすれば、無料で滞在できるカウチサーフィンのサービスは助かりますよね。

 

✅ゲストとホストがお互いに気持ちよく過ごせるための

家庭でもできるコロナウイルス対策のご紹介です。

 

カウチサーフィンは控えるべき?

コロナ禍の中でカウチサーフィンの利用もリスクが伴うので自己責任でとしか言えませんが、できるだけ利用は控えた方がいいでしょう。

 

とは言ってもカウチサーフィンをしたい!

という方もいると思いますので

 

コロナ禍の中での上手なカウチサーフィンの

利用方法をお伝えします。

コロナ禍での対策方法10個

カウチサーフィンでは他人を自分の家に招き入れる。または他人の家に宿泊することになります。

 

ホテルやゲストハウスなどではコロナウイルス蔓延防止のために徹底した消毒、換気などが行われていますが、

カウチサーフィンでは一般の家庭なのでコロナ対策なんてしていない家の方が普通ですよね。

 

「これはちょっとやりすぎなんじゃない?」

 

って感じるくらいが今のご時世、ゲストもホストも安心して

カウチサーフィンを楽しめるための秘訣かもしれません。

 

ホテルやゲストハウスほどの

徹底した管理は必要ないかもしれませんが、

 

感染症対策のことをまったく気にしていないのと、

少しでも気にかけている人とでは感染リスクに違いが出てくるのも当然ですよね。

 

✅コロナ対策に関しては過度になりすぎると嫌がられることもあるので、上手に伝えてあげましょう。

体温チェック

家に到着した時点で普通の体温計で体温を計ってもらいましょう。

平熱であってもウイルス保持している可能性があるともいわれているので、あてにはできませんが念のためです。

 

あまりに高熱なら自宅で休憩してもらうのは危険ですし、病院の手配をするのが先決です。

招き入れる前に手に消毒

どこからきたのか、どんな場所に行っていたのかもわかないので

手にウイルスが付着している可能性もあるので

先にアルコールスプレーや次亜塩素酸水消毒をしましょう。

 

ダウンやアウターにも消毒をして玄関先にかけておくのが安全です。

 

ウイルスを持ち込まれると家全体の消毒が必要になります。

手洗いうがいの徹底

手に付着したウイルスは石鹸を使った手洗いでほとんど流し落とすことができます。

到着したら手洗いとうがいをさせましょう。

健康チェックシートの記入

パソコンから無料でダウンロードができる健康チェックシートがあるので記入してもらっておきましょう。

 

直接予防になるわけではないですが、万が一感染が発覚したときに役立ちます。

 

換気の徹底

冬場になると寒いので換気をしなくなりがちではありませんか?

コロナウイルスに関係なくインフルエンザ対策としても換気をしましょう。

シーツを洗う

カウチサーフィンなんて無料なんだから

シーツや布団なんて洗ったりしなくてもいいでしょ。

 

って考えている人もいるでしょう。

確かにそうですが、コロナウイルス感染防止と自分の身を守るためにはゲストが使ったシーツや布団は洗っておくのが安心ですよ。

 

特に複数のカウチサーファーが連泊することになっている時なんかは。

寝袋の持参

自分がゲストになりカウチサーファーとして他人の家に泊まるのなら寝袋を1個持って行っても良いでしょう。

ホストからしても布団の準備などで手間が掛からないので助かる場合がありますよね。

外食は控える

家での接待は大変だし、勝手にキッチンを使われるのもしんどいから。

ゲストが来たらいつもは近くの日本食レストランに連れていく。

 

って方もいませんか?

今の時期は外食よりもできるだけ

家での食事を楽しむスタイルにしてみましょう。

空気洗浄機の導入

空気洗浄機をカウチサーファーのためだけにわざわざ購入する必要はありませんがまぁあれば今後も使えるし、いいかな。

 

って感じるのなら家に一台あってもいいでしょう。

マスクの着用

家の中や近所を散歩するくらいならマスクをしてもらう必要はないですが、

一緒に観光地に遊びに行く時なんはマスクを着用してもらうようにお願いしましょう。

安全にホストするためのまとめ

安全にカウチサーフィンでホストするためのコロナ対策方法をまとめると

 

  1. 体温チェック
  2. 手の消毒
  3. 手洗いうがい
  4. 健康チェックシートの記入
  5. 換気の徹底
  6. 清潔なシーツを保つ
  7. 寝袋の持参
  8. 外食は控える
  9. 空気洗浄機の導入
  10. マスクの着用

 

 

「カウチサーフィンのためにここまでする?」

 

ってこともありました。

 

実際にお願いするともしかしたら、

ちょっと嫌な顔をされることもあるかもしれません。

 

友人にでもお願いするのはちょっと気が引ける部分もありますよね。

 

コロナ対策がしてあるのかもわからない、

他人の家に宿泊をすることになります。

 

とは言ってもカウチサーフィンはどんな場所をうろうろしてきたのかもわからない旅人(他人)を自宅に招き入れるので感染リスクは伴います。

 

ゲストとホストがお互いに気持ちよく安心して過ごせる環境を作るためにも

お願いの仕方に気をつけて家庭でもできるコロナ対策をしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました