ロードバイクの購入後1週間以内に揃えたい必需品とアクセサリー9個

ロードバイク

こんにちは晴れている日は、ほぼ毎日ロードバイクに乗っているぱーちゃんです。

 

今回は僕が人生で始めてロードバイクを購入してから1週間以内に集めた必需品のアクセサリーのご紹介です。

 

ぱーちゃん
ぱーちゃん

この記事はこんな方におすすめです。

 

  • これからロードバイクの購入を考えている
  • ロードバイクの装備って何が必要なの?
  • ロードバイクの車体は高額だから装備は最低限の予算で抑えたい

購入時に必需品な3つのアイテム

新しいものって購入したらウキウキですぐに使いたくなっちゃいませんか?

 

ロードバイクを買った次の日。

いや、なんなら自転車屋を出た瞬間から家まで乗って帰りたいぜ!

 

って方なら自転車屋さんでロードバイクの購入と一緒に押さえておきたいです。

 

ライトないやつマジ勘弁

日中に乗るための趣味として始めるロードバイクであったとしても

ちょっと乗り慣れてくると、夕方からでも乗りたくなっちゃうもんです。

 

ヘッドライトと車体の後方に取り付ける尾灯またはリフレクター(反射器材)は必須

自転車屋さんでロードバイクを購入するときにおすすめされました。

 

夜間に走る際にヘッドライトと尾灯が付いていないければ道路交通法違反になっちゃうそうです。

 

罰金の支払いも痛いですがないにより自分の安全を守ることの方がよっぽど重要です。

夜中に無灯火の自転車なんてマジで危ないです。

 

車のドライバーからしたら激おこです。

 

たかが数千円ケチって、事故に遭ってからでは文句の一つも言えませんよ

文句を言う資格もナシです。

 

罰金払いたくなければヘッドライトくらいは黙ってつけておきましょう。

ヘルメットがないと人生終わってた

高校生の頃田舎道をバイクで走っていたときに鹿にぶつかって骨折の事故を起こしました。

バイクは大破です。

フルフェイスの前面は擦り切れでした。

 

法律で自転車に乗る際のヘルメットは義務付けられはいませんが、

こういった経験があってスピードの出るロードバイクでもヘルメットは必ずかぶっています。

 

ちなみにロードバイクの巡回速度は時速20〜40km /hです。

頑張れば原付追い抜かせるぐらいのパワーがあります。

 

楽しいロードバイクで自分の人生を棒に振らないためにもヘルメットは推奨します。

 

ママチャリとは違う空気入れ

僕の持っているロードバイクMéridaは普通の空気入れが使えません。

仏式バルブと言ってママチャリとは違う種類のものになります。

 

仏式バルブを採用しているロードバイクは多いらしいです。

なんでもヨーロッパはロードバイクが盛んらしいので

 

そんなこと聞いたらヨーロッパに行きたい!

 

アダプターで変換させてあげるやり方もありますが

 

ぶっちゃけ面倒です。

 

時間の無駄です。

 

横から空気が抜けたり、微調整があったり、

空気入れるたびにストレスです。

 

予算ケチって手作り感とか頑張った俺感を楽しみたい方にはおすすめしませんが

空気圧が超重要で2週間に1回ぐらいのペースで空気を入れてあげる必要のあるロードバイクでは

 

専用の空気入れの購入をおすすめします。

 

あったら便利なアクセサリー

ここまでは自転車に乗る際に必須なアイテムのご紹介をさせていただきましたが、

ここからはロードバイクがもっと楽しくなる次のステップに行くためにあったら便利なアクセサリーのご紹介です。

 

ちなみに僕はこれから紹介するアクセサリーをロードバイク購入1週間以内に揃えました。

 

世界の変わる手袋(サイクルグローブ)

いや、俺はそんな弱っちくないから手袋なんて必要ないよ!

素手でOKだし!って考えているあなた

 

甘いです。

 

手袋一つで世界が変わります。

 

たかがパンツを舐めるな

え?パンツ?

「あなたはトランクス派?ボクサー派?」

 

そんな話ではありません。

 

ロードバイクのサドルはママチャリと違って超固いです。

 

石です。

 

ロードバイクを買ってからウキウキで20kmぐらい走って

筋肉痛より先にケツが死にました。

 

それぐらい固いです。

 

なのでパンツの内側にパットの入ったロードバイク専用のパンツというものがあります。

後ろから見るとウンチを漏らしたみたいにもっこりしていてカッコ悪いかと思いますが

上からズボンを履いたらまったくわからないので大丈夫です。

 

僕は最初に1枚だけ買いましたがかなりお気に入りです。

ロードバイクに乗るときにはか必ず履いています。

 

ロードバイクを初めて買うと楽しくてつい時間があれば毎日乗っちゃうので

汗をかくパンツは2、3枚まとめ買いしておくのがおすすめです。

 

僕ももう一つ購入します。

速乾性のTシャツ

速乾性のTシャツはやっぱり普通のTシャツとは違って着心地が最高です。

汗でベタベタにになることがありません。

 

自転車と言ってもロードバイク に乗っているとかなり汗を書きます。

これもスポーツ用のものでいいので2、3枚まとめ買いしておくのをおすすめします。

 

僕はスポーツ用の服はかなり着心地が良くて身体への負担が少ないので普段着としても着ています。

街でスポーツをするわけでもないのにスポーツアウェアを着ている人を見かけると

なんで?

って思っていましたが今ではわかります。

 

もう、普通の服は着れません・・・

自転車用のザック(リュック)

なくてもいいけどあったら便利です。

 

使い道、入れておくものとしては

  • 財布
  • 携帯
  • カメラ

この辺がメインです。

 

普通のリュックでもいいんですけど

 

ロードバイク用のリュックだと自転車に乗っている状態を想定されて作られているので

快適な走行を楽しむことができます。

 

スマホスタンドで持久力アップ?

スマホのアプリをダウンロードすると

GPSから

 

  • 走行距離
  • 走行タイム
  • ロードバイクの速度(最低速度、最高速度、平均速度)
  • 前回の走行履歴

 

この辺が記録されていき、自転車に乗りながらでも確認することができるようになるので

ダイエット、トレーニング目的でひとりで乗っていてもモチベ、継続力アップにつながります。

盗難防止用のチェーン(鍵)

これは必須です。都会にお住まいの方であれば尚更。

ちょっとコンビニ、スーパーに寄りたいんだけどな〜

 

ってときに鍵なしだと不安すぎて買い物がまともにできないです。

 

なんせ、ロードバイクの値段なんて10万〜20万円くらいするんですから。

 

我が家においては下手すれば、乗り物の中で1番の高級車かもしれません。

 

まとめ

今回の記事ではロードバイクを買ったときに揃えておきたいアイテム、アクセサリーをご紹介させていただきました。

必需品】絶対に必要なもの

  1. ライト
  2. ヘルメット
  3. 専用の空気入れ

 

あればロードバイクがもっと楽しくなる【アクセサリー

  1. サイクルグローブ
  2. パット入りパンツ
  3. 速乾性のTシャツ
  4. ロードバイク用のザック
  5. スマホスタンド
  6. 盗難防止用チェーン(鍵)

 

まだロードバイクを購入してから1ヶ月くらいしか経っていませんが、

現時点での必要なものはここらへんです。

 

最後までありがとうございます!

また便利なアイテム、使える道具が見つかり次第更新していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました