10年間夜人間な僕が朝型生活に矯正するために考えた19個の方法

睡眠改善方法

こんにちは。遅刻の反省文を書いた数は数知れず・・・

寝坊なんて朝飯前!

高校生のときから朝に起きることができない典型的な夜型人間のぱーちゃんです。

 

今回は10年間夜型人間を続けてきた僕が1ヶ月で朝型人間になるために試した方法のご紹介です。

 

ホテルで調理師で働いていた時の朝食係では5:00には一人で起きれないと

200人分の朝食がパーになってしてまう。

 

※200人分の朝食バイキングをパーにしたことがあるからパーちゃんと呼ばれるようになったわけではありません。

 

そんなプレッシャーに弱い僕は朝食の前日にはまったく寝付けず

1時間ごとに目を覚ましていました。

 

そんな生活を1年半続けていたら鬱病になったので会社はやめました。

 

朝に起きることができなさすぎて、

朝から出勤の会社員なんてやりたくなかったので

 

ついに自営業に切り替えました。

起業の動機が朝から起きることができないか

 

それでも朝に起きることはありません。

 

つい、昼前まで寝てしまいます。

 

なので自営業になった今では午前中のミーティングなんかは一切入れません。

 

だって朝には起きれないんですから。

 

圧倒的クズ、人間のゴミ

 

そんな起きるのが人一倍ヘタクソな僕が朝が早い山小屋でバイトをすることになったので

夜型人間から朝型人間になれるように生活リズムを整えました。

 

そこに山があれば朝でも起きれるということです。

 

こんな方におすすめの記事です。

 

  • 今は夜型人間だけど朝型生活に挑戦してみたい。
  • 夏休み中に夜型生活になってしまい、学校や会社が始まっても朝から起きることができない。
  • 夜型生活を続けてきたけど、おかげで最近なんだか体調が悪い日が多いような気がする。
  • 朝から起きれるようになってバリバリ仕事のできる人っぽくなりたい。

 

夜型から朝型人間になった後の変化

夜型のときの僕

 

  • 夜は2〜4時まで寝つけません。
  • 朝は昼前まで起きることができません。
  • 起きてからの機動力がすこぶる悪い。
  • 目覚ましは寝ながら止めることができる魔法使い。

 

朝型になった僕

  • 毎日6〜8時の間に起きる
  • 食事を1日3回、食べるようになった
  • 夜は10〜12時までの間に眠りにつけるようになった。

朝型人間化で試した19個の方法

とりあえず、朝型に生まれ変わりそうな方法をかたっぱしからネットで調べて全力で試してみました

小屋生活

僕の部屋は道路に面していて少しの物音、車の音ですら気になってしまうので

思い切って寝る場所を変えてみました。

 

小屋(実家にあった農業用倉庫)

 

マジで意味不明

 

いきなりぶっ飛んでます

 

どう言うことですか?

 

寝室改善のためにマットレスや枕の買い替えを考えていましたが、

実家にあった農業用の倉庫で寝るようになってしまいました。

 

タダでした。

 

オーストラリアをバイクで1周中に何度もソロキャンプと野宿を繰り返してきた僕にとっては屋根がついているだけで快適な寝室へと早変わりしてしましました。

 

しかも驚くことに小屋で寝るようになってからは朝6:00に起きられるようになりました。

とにかく体を動かすこと

毎日デスクワークが続いて、肉体的な疲れがあまりないから

夜の寝付きが悪いのでは?

 

と感じていたのでとりあえず体を限界まで疲れさせてみることにした。

 

毎日家の中にこもっていたら、一生寝付けないとさとったので

体を疲れさせることから始めてみました。

 

完全な夜型人間だった僕が朝型人間にあこがれて試してみた方法をご紹介していきます。

 

家で筋トレ

あまりお金もかけたくなかったので、家で自分でできる筋トレをしてみた。

 

腕立て、スクワット、ダンベルスクワット

 

簡単なことでもいいから体を動かしてみる。

家にこもってデスクワークが多い人なら血行が良くなって、

猫背や肩こりの解消にもなるからおすすめ。

 

デメリットは

  • 家でやるもんだからすぐに飽きる・・・
  • 長続きはできなかった。

 

そこで考えた改善策は無料で使えるナイキの筋トレアプリ。

毎日の筋トレを記録してくれるのと、自分に合ったメニューが出てくるので楽しみながら続けることができるようになった。

 

毎日の筋トレが続かない人には試して欲しい。

ナイキトレーニングクラブ

ジムに行く

うちの近所のジムは車で15分くらいの場所にあって1回500円。

週に1回通っても2000円。

 

貧乏性な僕は1回500円ですらもったいない。

って感じていましたが、健康的な体を手に入れるのに自分への投資金額が1回500円なら安いかなって考え方になって支払いへの負担がなくなりました。

 

ジムに行くのが初めてだった僕もジムに行くことに抵抗があったけど、通い始めると楽しくなってきた。

 

普段の仕事の疲れで週末にぐったりしているのも血の巡りが悪くなっているからかも知れせん。

ジムに行き始めてからは筋トレして筋肉は疲れるけど、カラダは軽くなるし、なにより嫌なだるさは残らなくなった。

 

プールで泳ぐ

今通っているジムにはプールが付いていたから楽しそうだ!

と思って早速スイミング用品を揃えて泳いでみたら

 

シンプルに楽しい!

 

体の全身を使って泳ぐプールは体の筋肉を全部使うことができるので体を疲れさせるのにおすすめです。

 

子供の頃にスイミングスクールに行っていたこともあったのでだいたいの泳ぎ方は分かっていたけど一応、YouTubeで上手な人のを参考にしてからいきました。

 

なんでも興味を持ったものには始めてみんるもんです。

自転車に乗る

体を動かすために張り切ってロードバイクを買っちゃいました!

 

  • ロードバイクだとママチャリとの差がハンパないです。
  • 20〜30kmくらいなら余裕でこげます。
  • ギヤも細かく調節できるので坂道だって負担が少ないです。
  • ロードバイクに乗り始めて坂道でしんどいから降りよう・・・ということは今のところありません。

 

足の筋肉を中心に動かすロードバイクはトレーニングをしながら街の景色や自然の中を楽しめるのでおすすめですが、

同時に上半身も鍛えていかないと猫背になったり腰が悪くなったりするのがデメリットです。

 

 

ハイキングをする

今住んでいるところが田舎の方には特にオススメです。

周りに自然のない都会に住んでいる方でも週末の1日くらいはハイキングに出かけてみてもいいかも知れません。山までいけなくっても近くの公園をぐるぐる回っているだっけでも十分です。

寝るときに気をつけたこと

寝る前には活発モードとリラックスモードを上手に切り替えていく必要があるみたい。

外で体を動かしただけでも寝るのが下手なので、寝るときに気をつけていたことのご紹介です。

部屋にある時計は全部取り外す

僕は寝室にある時計の電池を抜き取り、すべて撤去しました。

アナログ時計の”カチッ、カチッ”っていう音を聞いていると眠れなくなるからです。

 

時間が分からなくなって困る方はデジタル時計に切り替えてみるのも一つの手です。

寝る前に本を読む

外で体を動かした後は頭を疲れさせることを考えてみました。

 

寝る前に本を読むのは定番であったので一応試してみましたが効果はあまり感じられず・・・

 

僕は集中することが苦手なので2、3ページ読んではスマホを触って〜

の繰り返しをしてしまうのがよくないのかと自分なりに解析しました。

 

本を集中して読み続けることのできる方であればオススメなのかもしれません。

寝る前にリラックス系の音楽を聞く

寝る前のリラックス音楽は効果がありました。

 

ユーチューブにヒーリングミュージック、睡眠用音楽などで検索してみるとたくさんの音楽がUPされているので電気を消して寝るときに流していると寝付きは良くなったような気がします。

多くの種類のものを試してみましたが僕はやっぱりジブリのオルゴールが安定してくれるような気がします。

瞑想をしてみる

僕はわりと頭の中をリセットするのが苦手なタイプなので寝る前に1日の出来事をスッキリさせるための瞑想はありです。

 

寝る前にあぐらを描いて瞑想。

5分でも10分でも試してみる価値はあります。

 

僕は寝るときに今日あった出来事や今考えていることがぐるぐると無限ループしてしまい、寝付けない・・・

ということはよくあったので寝る前に一度考えるのやめてみる練習と思ってやっていました。

だんだん慣れてくると布団に入った状態でも頭の中の考えていることをやめて無の状態に持っていくことができるようになったので、瞑想は飽きて2、3回やっただけですぐにやめましたが汗

噂の白い丸の妄想

↑こんな感じのです。

 

瞑想がどうもうまくできない・・・

そんなあなたにおすすめな方法です。

 

布団に入って目をつむった状態で白い丸をイメージします。

 

白い丸

 

・・・白い丸

 

・・・・白い丸

 

今日も白い丸が見えてきたなぁ〜って思い始めたらもう寝てます。

 

名前は忘れてしまったんですが、昔どこかのブロガーさんが描いていた方法で、僕は好きな方法です。

本の読み聞かせを試す。

YouTubeで読み聞かせを検索すれば出てきます。

本の読み聞かせなんて小さいとき以来されたことがないので、

 

童心に帰ったような気持ちになります。

 

本の種類は自分の興味のあるものでいいと思いますが

 

個人的にオススメなのはアルケミストという本です。

Kindle版でも紙媒体でも読んだことがあり何度も読み返したくなる本なので読み聞かせまであったので新鮮な気持ちで聞くことができました。

寝る前にちゃんとお風呂に入る

最近、湯船につかりましたか?

そういう僕も昔っからお風呂が嫌いなのでシャワーで済ませがちですが・・・

 

お風呂ってめんどくさくないですか?

服を脱いだり

服を着たり

頭を乾かしたり

体を拭きあげたり

 

なによりお風呂に使っている間ってひまで時間を無駄にしている感じしかしなかったので・・・

 

しかし、お風呂に入るのも睡眠の質をあげる自分の体調管理への投資だと考えるようにしてから少なくとも15分は入れるようになってきました。

 

ひとり暮らしの人なら毎日お湯を張るのは大変なので2、3日に1回ぐらいのペースで入る癖をつけていくのがいいかと思います。

寝る前にお酒を飲む

寝酒で眠るのはよく試しましたが、即効性はありますが継続的な入眠にはつながらないかなぁって感じです。

 

僕が寝酒をするなら赤ワインが好きです。

 

日本酒や焼酎を飲むと次の日に体がまったく動かなくなるので飲みませんが、ワインだと

ビールよりいい感じに良いが回ってくるのと、炭酸が入っていなくてキンキンに冷さなくても美味しく飲めるので体への負担が少ないように感じます。

窓を全開にして眠る

都会に住んでいる方だと防犯上ちょっとハードルが高いおうちもありそうなので

地方に住んでいる方におすすの方法です。

 

寝る前に窓とカーテンを全開にして眠る!

 

朝には太陽の光と自然の風が入ってきて

目が覚めやすくなります。

 

しかし、ネットで調べると夜に窓やカーテンを開けておくことは負の気が入ってくるらしく、風水的にはあまり良くないそうなので霊感体質な方は控えめに。

携帯やパソコンは寝室の外におく

ネット中毒な僕は寝る前のSNSサーフィンしながらのユーチューブは必須アイテム。

目が疲れてもう限界だ・・・

 

って頃に寝付くのがまた気持ちいんですよね汗

 

なのでスマホを手の届かない場所に置くようにして、

部屋のすみっこに置いていたんですが

 

つい、気になって取りに行っちゃうんですよね。

 

まじでクズです。

 

なので対策としては電源を落として部屋の外。

玄関あたりに置いておきましょう。

 

でもワンルームマンションの方なら玄関先でも部屋のすみになってしまうのでちょいムズですね〜

外のポストの中に入れてみるとか?

睡眠薬を飲む

睡眠薬、爆睡です!

 

でも最初の1日だけ!!

 

やっぱりだんだん効果はなくなってきます。

それでも何もしないよりかは寝付きが若干マシな気はします。

 

次の日のだるさとかは感じることがなかったので

どうしても寝れない!って方なら試してみてもいいかも

アラーム付きの腕時計が使える

スマホで目覚ましを設定してしまうとついでにネットを見てしまうので

どうしてもこれを避けたいと思って買いました。

 

そこで目をつけたのが腕時計は最近買ったアウトドア用のアラーム付きの腕時計なんですが

目覚ましが付いていて寝ているときも腕につけっぱなしにしていてもあまり不快感がなく快適です。

 

普通の目覚まし時計だと一回止めてしまえば2度寝し放題なのに対して、

僕の腕時計は目覚ましをセットしてから30分の間5分毎に止めないと、鳴り止まないです。

設定が難しくてスヌーズ機能は寝ぼけながら解除することが僕には不可能です。

 

アラーム音はあまり大きくないのに、なぜか起きれるようになりました。

 

でも気をつけていないと、寝ながら腕を布団の中に突っ込んでアラーム音を聞こえなくする魔法使いになってしまうので寝ながら注意してください。

 

今使っている腕時計は2000円ぐらいで買ったんですが

オーストラリアに住んでいるときに買ったスイス製の50,000円の腕時計よりお気に入りになってしまいました。汗

 

起きてから試したこと

10年間無敗の王者。2度寝の天才の座はお譲りいたいます。

 

朝起きたら必ず外にでる

朝起きたら(昼に起きる人でも)これは毎日習慣することをおすすめします。

日中の光を浴びていると、夜になるにつれ眠くなる物質へと変化していくようです。

 

難しいことはよくわかりませんが、効果がある気がします。

 

室内で仕事をしている人には難しいですが、少なくとも1時間は日の当たる場所にいることをおすすめします。

 

アウトドア用の椅子に座って本を読むのはわりと好きです。

朝型人間になってわかったメリット・デメリット

約1ヶ月かけて10年分の生活リズムを矯正することができました。

若干不安定なとことも有りますが・・・

 

まだ完全体にはなっていないので日中の眠気がハンパないです。

 

感想としては朝型生活も悪くはないかなぁ〜って感じです。

 

夜型人間から朝型人間になった僕が感じたメリットとデメリットをまとめてみました。

 

朝型になった後のメリット

  • 時間があるのでなんでもできる気しかしない。(スーパーサイヤ人状態)
  • 体がちょっとラクになった。
  • 朝日を浴びて、夜には寝れるので人間らしい生活をしてる感を感じることができる。
  • 時間がたっぷりあるのでゆとりのある毎日を過ごせる。

 

朝型生活を続けるデメリット

  • 昼ごろになるとスタミナが切れてくるので頭が回らない。昼寝が必要なときもある
  • 朝型になるとスタミナがすぐに切れるので作業量は変わらない。
  • 朝から起きてもぶっちゃけ作業ははかどらない現実。
  • 1日が長すぎて疲れる

まとめ

正直、どっちもどっちなところもあるので何とも言えませんが
今のところは朝型な生活を楽しんでいます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました